総量規制対象外カードローンイメージ

総量規制対象外のカードローンについて

総量規制とは、貸金業法が適用される消費者金融やクレジットカード会社、信販系業者などからお金を借りる際に注意しなければいけないルールで、年収の3分の1を超える金額では借りることができないという決まりです。クレジットカードや信販系のショッピングカードなどは、ショッピング枠には総量規制は適用されませんが、カードに付帯されているキャッシング枠には、総量規制の対象となるので、規制に引っ掛からない範囲でしかお金を借りることはできません。

この法律は平成22年に施行されたルールで、貸金業法が適用される業者では、かならず総量規制に引っ掛からないことを確認した上で融資を行わなければいけないことになりました。そのため、消費者金融のカードローンなどを利用する場合には、まず最初に顧客信用データベースへアクセスし、他社からの借り入れ状況がチェックされることになります。収入の3分の1に近い金額をすでに他社から借りている場合には、総量規制に引っ掛かるので本審査が行われる前に審査落ちと言うことになってしまいます。

借入商品の中には、総量規制対象外のカードローンもあります。分かりやすく言えば、貸金業法が適用されない金融機関からの借り入れと言うことになりますが、銀行や信用金庫、労働金庫、農協などでカードローン商品を利用する場合には、貸金業法は適用されないので総量規制対象外として、金融機関が独自に審査する返済能力に見合った金額を借りることができます。

その中でもおすすめなのは、やはり銀行からラインナップされているカードローンです。総量規制対象外のカードローンは、どれも一般的に審査が慎重に行われるので、かかる日数も長く、今すぐにお金を借りたい人にとっては間に合わないことが少なくありません。しかし近年の銀行は、少額の借り入れが多いカードローンに関しては、スコアリングと言うシステムを採用することで審査の短縮化を図っている所が多く、申込んだ即日に融資を受け取れることも少なくありません。また、銀行からの借り入れは一般的に消費者金融と比べると金利面でかなり優遇されている低金利なので、返済期間が長くなってしまっても利息が雪だるま式に増えてしまう悲劇を避けることができます。

総量規制対象外のカードローンに申し込むと、収入証明の提出が不要と言う点も大きな特徴です。返済能力を確認するという目的で収入証明の提出を求められることはありますが、一般的には100万円以下の借り入れの場合には収入証明の提出が不要と言うカードローンが多いので、少額の借り入れの場合には、わざわざ時間と手間をかけて収入証明を取り寄せる必要がなくなります。

消費者金融で即日お金を借りるにはどうする?

どうしても今日中にお金が必要な場合、消費者金融会社にお願いすることもあると思います。そのときにはプロミスをはじめとする大手消費者金融会社を活用しましょう。

名前も聞いたことがないようなところだとヤミ金の可能性もあり、法外な金利を求められることもあります。契約自体も違法行為なこともありますが、延々とお金を返済し続けるハメになる可能性もあるので注意が必要です。

※参考:キャッシング即日可能 : 早くお金を借りるならどこがいい?

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved