> 総量規制とは?

総量規制とは?

金融機関からお金を借りる時に知っておきたいルールの一つに、総量規制と言うものがあります。これは、貸金業法が適用される金融機関からお金を借りる場合には、収入の3分の1を超えない範囲でしか借りられないと定められているルールで、消費者金融やクレジットカード会社、そして信販会社などが対象となります。ただし、クレジットカード会社と信販会社の場合には、お金の貸し付けをするというよりはショッピングに使えるクレジットカードを発行するのがメインですが、ショッピング枠に総量規制が適用されるというわけではなく、カードに付帯されているキャッシング機能にのみ総量規制が適用されることになっています。

金融機関からお金を借りる場合には、その契約方法によって「個人向けの貸し付け」「個人向け保証」「法人向け貸付」「法人向け保証」に分類できます。貸付と言うのは無担保でお金を借りる商品のことで、保証と言うのは住宅ローンや自動車のローンのように担保保証されている貸付商品のことになります。これらの借り入れのうち、総量規制の対象となるのは、個人向けの貸し付けのみ、つまり個人が無担保で融資を受ける場合にのみ総量規制の対象となるのです。

借入れ額が収入の3分の1を超えない範囲、と言うルールは、金融機関に借入の申し込みをすると、まず最初に調べされる審査項目となります。借り入れの申し込みフォームで他社からの借り入れ状況などを自己申告しますが、その内容を照合するために顧客信用データベースへアクセスして、どこからいくら借りているのかなどの情報が調べられます。そして、収入の3分の1に近い金額をすでに借り入れている場合には、残念ながら利用資格なしということで審査落ちになってしまいます。すでに他社からも借り入れをしている多重債務者の方て、でも今すぐにお金が必要になってしまったという場合には、総量規制対象外の銀行から借りるという選択肢がありますが、銀行は独自の審査基準を設けているので、消費者金融よりも審査に通りにくいというデメリットがあります。また、信用金庫や労働金庫などは低金利で借りることができて魅力的なカードローンがたくさんラインナップされていますが、審査が厳しい上に審査時間がとても長いため、今すぐと言うわけにはいきません。時間に余裕を持って申し込んだほうが良いでしょう。

ただし、50万円以下の借り入れの場合には、総量規制の対象ではありますが収入証明書の提出は不要となっています。少額を借りたい場合には、収入を気にせずに借りることができるので安心ですね。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved