> 総量規制見直しについて

総量規制見直しについて

平成22年に総量規制が施行されてからは、消費者金融業者などの金融機関からの借り入れをする時には収入の3分の1を超えない範囲でしか借りることができなくなり、場合によっては「とても借りにくくなった」と感じる人がたくさんいます。確かに、経済の不況に伴って会社の業績も落ち込み、収入が上がるどころか下がってしまったという人も少なくありませんし、ボーナスがカットされたために収入がガクンと下がってしまうことも多いものです。総量規制は、ボーナスなどもすべて含めた収入の3分の1までしか借りられないと決めているルールですから、お金が必要な人にとっては、総量規制によって借りづらい環境になってしまったことは否めないのかもしれません。

実は、総量規制見直しの案があることはご存知でしょうか。まだ施行が始まったわけではありませんが、国から認可業者と認められた業者に対しては、総量規制の対象外となるという改正案が出されています。総量規制対象外になることによって、年収の3分の1を超える金額でも審査に通るようになるわけですが、実は総量規制の枠が外されるだけでなく、金利面ではあまりうれしくない改正も行われるようです。

2010年までは、金利法と言うルールにも基づいて、貸付上限金利は29.2%を超えなければOKと決められていました。しかし、低所得者が返済能力に見合わない金額を借りて、高い金利で利息が雪だるま式に増えてしまうトラブルが多くなり、利息制限法と言う新しいルールが作られました。それまでは、返済能力を超えた借入と高金利によって返済が不能になり、自己破産や債務整理をする人が続出したり、取り立てのトラブルが社会問題になってこともあったほどです。しかし利息制限法によって、借入額が10万円未満なら利息は20%以下、100万円未満なら18%まで、それ以上の場合には15%以下でなければいけないと決められたのです。

しかし、総量規制見直しの法改正が行われることによって、この利息制限法の枠も外れることになりますから、低所得者が返済能力を超える額を借り入れて、高い金利で利息ばかりがどんどん増えてしまう事態も起こりやすくなってしまいます。本当にお金が必要で、借りたら積極的に返済している人にとっては、総量規制見直しはとてもありがたい改正ですが、自分に歯止めが効かずに多重債務や借金地獄に陥りやすい性格の人にとっては、ルールが外れることによってより借りやすくなり、より借金地獄に落ちやすくなってしまう可能性があるというリスクが潜んでいることは忘れてはいけません。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved