> 総量規制の例外となるレディースローンとは

総量規制の例外となるレディースローンとは

総量規制とは、貸金業法によって定められているルールの一つで、収入の3分の1を超える金額では借入してはいけないと決められています。
総量規制は貸金業法ですから、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社など貸金業法の対象となる金融機関に適用されているわけですが、レディースローンやキャッシングなどの借り入れ商品を利用しても、総量規制の対象外となったり例外になるケースはたくさんあります。

まず、総量規制の対象外になる借り入れですが、銀行や農協、信用金庫、労働金庫などの金融機関は貸金業法が適用されないので、総量規制には関係なく借り入れができます。
ただし、これらの機関では審査基準が独自に設定されていて厳しいことが多いので、総量規制が適用されないからと言って借りやすいというわけではありません。

また、融資をする為に業者もきちんと返済能力がある人なのかをチェックする為、審査が慎重に行われるので審査に時間がかかることも多く、今すぐにお金を借りたいという人にとっては、間に合わないということもあるかもしれません。
これらの金融機関から借りる場合には、日数に余裕を持って申し込みすることが必要です。

また、レディースローンがたくさんラインナップされている消費者金融でも、総量規制からは例外と言う扱いになるケースはたくさんあります。
それは、少額の借り入れをする場合です。

総量規制では、収入をはっきりすることによって、借入上限額はその3分の1と計算するわけですが、1社からの借入額が50万円よりも少ない場合には、収入証明の提出は必要ないとされています。
そのため、50万円よりも少ない少額借り入れをするなら、収入が少ない人でも審査に通りやすくなり、学生や主婦などでも審査に通る可能性が高くなります。
収入が少なくても借りれるので、特に配偶者には知られたくないけれども少しだけ借入をしたいという専業主婦には人気の商品です。

レディースローンは、一般の借り入れ商品と比べて金利面で優遇されていたり、審査基準が緩い商品が多いので、女性の人ならあえて一般向けの商品を選ぶよりは、レディースローンを選んだほうが、お得に借り入れることができますし、審査にも通りやすくなることが多いようです。
女性向けの借り入れ商品は、専業主婦なども対象にしているので、収入がない人や不安定な人でも審査に通りやすく、利用限度額も設定されているのが魅力です。

また、安心して借りやすいように、来店不要で申し込みから契約までできたり、借りる場合にも自分が普段使っている銀行に振込してくれたり、また在籍確認や在宅確認の電話も、女性が担当してくれたりするので、配偶者にバレる可能性が極めて低く、安心して利用できる点も魅力と言えるでしょう。

●主婦カードローン
レディースローンを取り扱っている、カードローン会社をいくつか紹介しているサイトです。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved