> 主婦のキャッシングは総量規制対象となるのか

主婦のキャッシングは総量規制対象となるのか

銀行や消費者金融などの金融機関からラインナップされているカードローンとしての借り入れ商品はいろいろなものがありますが、その中には、収入が安定していない主婦でもOKという商品もあります。
銀行の場合には、総量規制対象外なので、収入が安定していない人でも返済能力があると見なされればお金を借りることはできますが、消費者金融から借りる場合には、すべての商品が総量規制対象となりますから、主婦のように収入が安定していない人や、まったく無収入と言う場合には、審査には非常に通りにくくなってしまいます。

しかし、主婦の収入が安定していないことは最初から分かっていることですし、それでも「主婦OK」の借り入れ商品と言うのは、どのようなからくりがあるのでしょうか?
主婦でも毎日の生活の中では急にお金が必要になることもありますから、いつどんな時にお金が必要になっても、さっと借りられるところを知っておくと、いざという時に大きな安心感になりますね。

主婦でもOKとうたっている消費者金融のキャッシングやレディースローンなどは、少額の借り入れが中心となっています。
総量規制対象と言うルールは貸金業法が適用される金融機関すべてが対象となっている法律なので、守らないわけにはいきません。

そのため、借入の申し込みを行うと、まず最初に総量規制に引っ掛かっていないかどうかが仮審査としてチェックされ、収入の3分の1よりも多く借りている場合には、返済能力なし、または借入資格なしと言うことで融資対象外となってしまい、審査落ちすることになります。
業者も融資限度額を決めるにあたって、貸付た金額の返済が滞る人に融資をしたくないのはあたりませのことです。そこで消費者の証明収入を使って年収や返済能力を確認するのです。

しかし、借入金額が50万円よりも少ない場合には、総量規制対象の商品でも例外と言う扱いになり、収入証明の提出は必要ありません。
そのため、収入が不安定な主婦の場合には、この少額の枠での借入なら、審査に通る可能性が高くなるのです。主婦でもOKと言う借入商品の多くは、借入最低額が1万円ぐらいの少額に設定されているので、今月少しだけピンチだからお金を借りて家計の足しにしたい時や、サプライズで家族にギフトを購入したいけれども配偶者にはばれたくないという時などに便利に使うことができます。
また、少額の借入なら返済も家計をうまくやりくりしながら返済できますね。

借り入れ商品の中でも、主婦でも審査に通りやすいのは、審査にスコアリングシステムが採用されている即日融資可能な商品や、女性を対象としたレディースローンなどの商品がおすすめです。
その中でも「主婦でもOK」と記載されているものなら、専業主婦でも少額の借り入れができる可能性が高いと言えるでしょう。

銀行カードローンの中には、オリックス銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、イオン銀行カードローンなど色々な商品もありますし、銀行よりも必要書類が少なくて審査を早くしたいのなら消費者金融会社のカードローンを使う方が手っとり早い場合もあります。
使う目的や返済能力、借りる際の金利条件などをしっかりと確認したうえで、カードローン申込を行うようにして下さい。

●お金を学べる情報ポータル ファイグー
収入が少ない専業主婦でもキャッシングができる方法をタイプ別にまとめてくれているサイトです。

⇒ 主婦が即日に借入する方法を知りたい方はこちら

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved