> 総量規制でも借りられる消費者金融の商品

総量規制でも借りられる消費者金融の商品

銀行とは異なる消費者金融の借り入れ商品は、すべてが貸金業法適用となりますから、総量規制もすべての商品に対して有効となります。
そのため、他社からもすでにいくらか借りているという人にとっては、新たに別の消費者金融へカードローンの借入を申し込んでも、審査落ちする可能性は高くなってしまいます。

しかし、総量規制が適用される消費者金融からの借入でも、審査に通りやすい商品もあれば通りにくい商品もありますから、賢く商品選びをすれば、他社から借りている人や収入が少ない専業主婦でも新規に借りることは可能です。

まず、借入の際の融資金額はできるだけ少額にしておくと良いでしょう。
1社からの借入額が50万円を超える場合、また他社からの借入も含めた総額が100万円を超える場合には、収入状況 や年収で返済能力があることを証明するため、源泉徴収や給料明細を提出しなければいけません。
しかし、借入が少額の場合には、こうした収入証明の提出は不要になっている消費者金融が多いので、総量規制の対象となる商品でも引っ掛かることなく借入することが可能です。

専業主婦やパートでも借りやすい商品の多くは、50万円以下の限度額で少額借入になっていることが多く、専業主婦のように収入がゼロの場合でも、家計をうまくやりくりしながら返済できるような金額を無理なくカードローンで借りられる場合もあります。

また、審査基準は消費者金融ごとに異なりますが、大手の業者は審査基準が比較的厳しいことが多く、規模が小さくなると審査の基準も緩くなって借りやすくなります。
テレビのCMなどでよく見かけるようなプロミス、レイク、アイフル、アコムなどの知名度の高い大手消費者金融の場合には、総量規制の他に3社ルールなども設定されていたりして、複数他社からの借入がある場合には借りづらくなってしまいます。

ちなみに、大手業者の3社ルールと言うのは、すでに3社から借りている場合には、それ以上の借入はNGと言うもので、貸金業法で定められているわけではありませんが、多重債務を未然に防ぐという目的で大手消費者金融が独自に行っているルールです。
中小規模の消費者金融でも、たくさんの他社から借入れていると、それが審査にマイナスの影響を及ぼすことはありますが、3社ではなく7社とか10社など、他社からの借入に関しても審査基準が緩くなるので、大手消費者金融の審査には通らなかったという人でも、中小の業者へ申し込めば、借りられる可能性はアップします。
ただし、中小の場合にも総量規制は適用されますから、借入の金額はできるだけ少額に抑えておいた方が借りやすくなると言えるでしょう。

返済能力や信用情報を収入で審査する審査基準はあるものの、窓口に行かなくてもネットで申込ができたり、機械で手続きが済んだりと借入方法も様々ですし、貸付最高限度額をよく見て設定することもできます。
大手の消費者金融会社は審査が厳しい場合もありますが、その分お金を巡ってクレジット会社とトラブルになることも抑えることができます。

逆にいうと、そのような審査基準が緩かったり、最高貸付限度額が緩いところはブラック企業と呼ばれるヤミ金が多く、希望額通りをかしてくれるものの利息制限法を無視した金利設定であったり、契約が無理なものが多い場合もあります。
融資額を得たい時には金利や会社の信用情報、自分の利用状況や返済実績を考えた上で、収入に対して無理のない金額を借りるようにしっかりとサイトで検討してから申込を行って下さい。

●消費者金融を考える
総量規制についての基本的な知識とを簡単にまとめているサイトです。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved