> 銀行カードローンなら低金利で総量規制対象外

銀行カードローンなら低金利で総量規制対象外

金融機関から借入をする場合には、総量規制対象になる金融機関とならない金融機関があることはご存知でしょうか?
総量規制とは、収入の3分の1を超えた額では借りることができないというルールで、貸金業法が適用される消費者金融やクレジットカード会社、そして信販会社などが対象となります。

一方、銀行や労働金庫、農協、信用金庫などは貸金業法の対象となりませんから、総量規制対象外と言うことになります。
ただし、対象外なら借りやすくなるというわけではなく、これらの金融機関では独自の審査基準で慎重に審査を行うので、なかなか審査には通りにくいものですし、かかる時間も即日と言うわけにはいかないので、日数に余裕を持って申し込まなければいけません。
収入や年収を証明して、貸付額に対する返済額をきちんと返せる能力があるのかを示す為に、収入証明書の提出が必要な場合もありますし、それによってキャッシングの利用限度額も決まります。

総量規制対象外の金融機関の中でも、比較的審査が早いのは、銀行です。
最近では銀行でも申し込んだ即日に融資受け取りが可能なカードローンがラインナップされていて、利用者が主婦やパートでも場合によっては借りられることがあります。

キャッシングを申し込んだ当日中に審査結果が分かるためには、銀行も審査にのんびり時間をかけることができないわけで、迅速な審査を行うためにスコアリングシステムが採用されている所が多くなっています。

このスコアリングを使うことによって、利用者の返済能力などを客観的に数字で表すことができるようになります。
例えば、雇用形態の審査項目なら、正社員で働いている人なら収入も安定しているので5ポイント、パートナ2ポイント、主婦や学生は収入が不安定なので払えなくなる可能性も考えて0ポイントなどのように、それぞれの項目ごとにポイントをためていき、最終的なポイント数によって審査結果が分かるというシステムになっています。

主婦でも利用しやすい銀行カードローンは、例え年収がなかったとしてもその銀行に預貯金口座を持っている人は審査に通りやすくなることが多いようです。
収入がなくても口座に金額があるということは、その残高で払えるという考えでOKがでやすくなります。
身分証明書なども口座開設の時に提出しているので必要ない事も多く、借入金額も100万円以上でなければ収入証明を提出する必要がないのも、借りやすい秘訣といえます。
また、銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べると低金利で借りられることが多く、借りる側にとっては魅力満載の商品が多い事も特徴と言えるでしょう。

即日借入OKの消費者金融カードローンと比べると、スコアリングが採用されているとはいっても審査条件は少し厳しくなっていますが、審査に通る人なら低金利でお得に借りられる銀行カードローンがぜひおすすめです。
低金利なら、完済までに支払う利息合計も低く抑えることができます。最近では窓口に行かなくてもネットで情報を調べることができるので参考にして下さい。

●総量規制の対象外となる銀行カードローン一覧
賃金業法が改正された総量規制によって、利用限度額はもちろん、利用する為の審査に落ち融資の貸付をしてもらえない利用者も増えてきました。
貸付業者が消費者金融ではなく、いわゆる銀行と呼ばれる金融機関であれば総量規制の対象外となる場合が多いです。

利用希望者の口座がその銀行にあったり、口座残高に預貯金額があれば、収入のない専業主婦でも借入れができる可能性がありますので参考にして下さい。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved