> 総量規制以上借りたい

総量規制以上借りたい

総量規制とは、貸金業法が適用される金融業者の消費者金融会社などからの借り入れでは、すべての借り入れ総額は収入の3分の1を超えてはいけないと決められているルールです。いくら返済能力があっても、収入の3分の1を超える融資額は借り入れることができませんし、消費者金融側でも、まず最初に借入資格があるかどうかを顧客信用データベースにアクセスして情報を照合することになっています。そのため、多重債務者の方で収入の3分の1に近い額をすでに借り入れている場合には、消費者金融などの貸金業者から借金することは難しいのです。

収入の3分の1というラインは、その人の収入によって異なります。毎月のお給料だけでなく、ボーナスなどの臨時収入も全て収入としてカウントされるので、借り入れを申し込む際に収入を自己申告する場合には、これらの金額もすべて含めた収入を申告したほうが、借入額を高くできる設定できます。借入額が50万円より少ない少額借り入れの場合には、収入証明を提出する必要がありませんから、厳密に収入の3分の1と言うラインが引かれるわけではありませんが、1社から50万円以上を借りる場合や、複数社から100万円以上の借り入れがある場合には、収入証明の提出が必要となります。あらかじめ準備しておいて申し込みの際にサッと提出出来ると、審査も短時間で済みやすくなります。

まとまった額のお金が必要になり、すでに他社からも借り入れていて、これ以上消費者金融からは借りることができない場合には、総量規制対象外の借り入れがおすすめです。総量規制対象外となる借り入れは、銀行や信用金庫、労働金庫、農協といった銀行法が適用される金融機関から借りる商品となりますが、どれも一般的に審査がとても厳しいだけでなく、審査が慎重に行われるので日数もかかり、今すぐにお金を借りたいという場合には間に合わないことも少なくありません。しかし、まとまった金額を借りたい場合には、こうした選択肢の中から選んで申し込むようにしましょう。

その中でも銀行からの借り入れは、他の総量規制対象外の金融機関と比べて審査が早いので、急いでいる人は銀行からの借り入れが良いでしょう。使用目的によっては、医療ローンや教育ローン、マイカーローン、ブライダルローンなどのローンを低金利で組む方法もありますから、いろいろな商品を比較検討して、自分のニーズを満たしてくれる商品の中でもできるだけ低金利でお得に借りられるものを見つけたいものです。使用目的が制限されていないキャッシングやカードローンの場合には、金利が少し高めになりますが、消費者金融よりも低い商品が多い事も、銀行の魅力といえます。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved