> 即日でお金を借りる場合にも総量規制は適用される

即日でお金を借りる場合にも総量規制は適用される

お金を借りる場合には、融資スピードが早く最短で申込みしたその日のうちにお金を借りられる即日融資可能な商品を利用するのが便利です。即日融資可能なスピード融資商品では、多くの金融機関では審査にゆっくり時間をかけることができませんから、スコアリングと言うシステムが採用されて短時間でのスピード審査が可能になっています。しかし、そんな緩い審査条件の中でも、総量規制に引っ掛かってしまうと、借入資格なしとして審査落ちしてしまうので気を付けなければいけません。

総量規制に引っ掛かるかどうかは、まずネットで借り入れの申し込みをするフォームでカードローンやキャシングを含めた他社からの借り入れ状況を自己申告します。金融機関では、顧客信用データベースへアクセスして、この自己申告した情報が正しいかどうかを情報照合するわけですが、自己申告していなくても他社からの借り入れは記録されていますし、嘘をついて隠そうとしてもすぐにばれてしまいます。自己申告するべき借り入れをうっかり忘れてしまった場合でも、意図的に申告しなかった場合でも、金融機関の印象は良くありませんし、「責任感のない人」として審査落ちする可能性が高くなってしまいます。他社から借りていて、借入金額が収入の3分の1に近くて総量規制に引っ掛かるギリギリのライン状態でも、自己申告したほうが印象が良くなりますし、審査にも通る可能性が高くなります。総量規制にかからなくても、過去に金融事故、例えば返済を延滞したり、自己破産、弁護士や司法書士を介して債務整理を行ったことがあれば契約審査に通る可能性が低くなります。

顧客信用データベースへアクセスすることによって得た他社からの借り入れの結果によっては、必要になる提出書類が異なることもあります。1社からの借り入れ額が最大50万円よりも少ない場合には、一般的に収入証明の提出は必要なしと言うことが多いのですが、借入額が50万円を超える場合や、他社からの借り入れ総額が100万円を超える場合には、収入証明の提出が必要となります。

銀行からの即日借入手続きをする場合には、少し事情が異なります。銀行からの借り入れは総量規制対象外となるので、借入額が50万円の場合には収入証明の提出は必要ありません。借り入れ希望額が100万円を超える場合には、返済能力を確認するために収入証明の提出が求められますが、借りる金額によっても提出が必要な書類は異なりますし、金融機関によっても異なっています。すでに消費者金融からはたくさん借りていて総量規制に引っ掛かってしまうという場合には、貸金業法が適用されない銀行や信用金庫、労働金庫、農協などの金融機関から借りるという方法がおすすめです。審査は厳しくて日数がかかりますが、審査に通ればまとまった金額を低金利で借りられます。

Copyright © 2014 総量規制対象外カードローン研究室. All rights reserved